NPO法人 足尾鉱毒事件田中正造記念館

2009年(平成21年)1月から6月までのイベント報告です。

まなびや足尾鉱毒事件田中正造記念館
2008年度講座 第5回
●講師:佐々木斐左夫 氏(田中正造を後世に伝える会々長)
●テーマ:「正造さんと吾が家・正造さんの活かしかた」
●講師:布川 了(館林文化史談会顧問・田中正造記念館名誉館長)
●テーマ:「谷中村遺民の生き方に学ぶこと」
今年度、全6回開催予定の講座の第5回目が
1月11日(日)に館林文化会館会議室で開催されました。

佐々木さんの先祖は谷中村出身であり、

田中正造翁の熱烈な支援者でありました。

田中正造にかかわる数々のお話をユーモアを交えながらの講演に

参加者の皆さんは熱心に聞き入っていました。


「渡良瀬川にサケを放す会」主催 サケの稚魚一斉放流
「渡良瀬川にサケを放す会」主催サケの稚魚一斉放流が

3月1日(日)に行われました。
稚魚放流は「足尾に緑を渡良瀬に清流を」の思いを込めて毎年取り組んでおり、
今年で28回目を迎えました。

館林市の安楽岡市長も参加し
約20000匹が400人の参加者の手で
渡良瀬川に放されました。
参加者は名残惜しそうに、大きくなってまた帰って来てと稚魚を見送っていました。
挨拶をする安樂岡館林市長
今年は400人の方の参加がありました
小さなお子さんも放流に参加
皆さん思いを馳せての放流

まなびや足尾鉱毒事件田中正造記念館
2008年度講座 第6回
●講師:久保田 昭三 氏(童話作家)
●テーマ:「清貧赤貧とエコライフのこつ、 〜21世紀の生き方〜」
●講師:布川 了(館林文化史談会顧問・田中正造記念館名誉館長)
●テーマ:「正造の赤貧とエコ思想、行動」
今年度、全6回開催予定の講座の第6回目(今年度最終)が
3月8日(日)に館林文化会館会議室で開催されました。

久保田さんが実践しているエコ生活を参加者の皆さんは、興味深そうに聞き入っていました。

   自分が食べるだけの穀物や野菜を作り、
自動車には乗らず自転車に乗り、

   住まいから半径10キロを生活圏として、
月々3万円で暮らしている等を紹介しました。

(右は布川名誉館長)

童話作家の久保田昭三氏 

3月22日(日)
「公害の原点【足尾銅山】を訪ねる」
フィールドワーク
2009年3月22日(日)、かねてより予定されていた
足尾方面へのフィールドワークが開催されました。
51名もの多数の方にご参加いただきました。
足尾を始めて訪れた方、数年ぶりに荒廃した足尾の山々を見た方など、
参加された方の思いは様々です。
松木村跡地では
NPO法人 足尾に緑を育てる会の神山会長に
松木村が廃村となった経緯と
現状の植樹活動などについて説明していただきました。
龍蔵寺では
住職に環境破壊された経緯などについて説明があり、
参加者の皆さんは真剣に聞き入っていました。

5月17日(日)
田中正造記念館第5回総会

5月17日(日)に田中正造記念館の第5回総会が開催されました。

たくさんのご来賓(副市長・市議会議長・衆議院議員・県議会議員・教育長・
市議会議員)と会員の皆様の出席のもとに盛大に開催されました。

同時に第5回総会の記念講演として、映画「赤貧洗うがごとき」監督の
池田博穂氏の講演会が開催されました。

来賓の方々
挨拶をする廣瀬武 田中正造記念館館長
映画「赤貧洗うがごとき」監督の池田博穂氏
会員の皆様も多数参加されました

All Reseverd by NPO法人 足尾鉱毒事件田中正造記念館 ※画像・文章の無断転載を禁止します。